転職対策・ノウハウ

【実例感想付き】インフラエンジニア転職では転職エージェントと直接応募のどちらが転職しやすい?

  1. HOME >
  2. 転職対策・ノウハウ >

【実例感想付き】インフラエンジニア転職では転職エージェントと直接応募のどちらが転職しやすい?

この記事では「転職エージェントを使うと本当に転職しやすいの?」「転職エージェントのメリットは何なのといったあなたの悩みを、現役のインフラエンジニアが回答して解決します。

本記事を読んで「転職エージェントを使うメリット」を理解して、インフラエンジニア転職に向けて一歩を踏み出しましょう!

転職エージェントを使う方が有利

結論から言ってしまうと「転職エージェントを使う方が転職はしやすい」です。

多くの転職エージェントは独自求人や非公開求人を持っています。転職サイトのみを使って案件を探すよりも、より多くの案件にアプローチが可能なため単純に求人への応募機会が増えます。

また転職エージェントの担当者から『この案件はどうでしょうか。』『こういった別の案件もありますので応募しませんか?』と、いい意味でも悪い意味で催促されながら転職活動を行うことになります。

たくさんの案件に応募することになるため、結果として転職できる可能性が高まるというわけです。

もちろん案件をしっかりと見たうえで応募したい。条件をもっと絞ってほしいと感じることもあるでしょう。その際は担当者に連絡ペースを調整することは可能です。

他にも転職エージェントを使うとたくさんのメリットがありますので紹介します。

転職相談が気軽にできる

転職エージェントの担当者は転職について幅広い知識を持ち合わせています。

『今の方向で転職を進めて大丈夫だろうか?』

『もっと他の分野にも目を広げた方がいいのかな?』

転職活動をしていると、本当に自分の進め方があっているのか不安になったり悩んだりする時期が出てきます。そんなときに転職エージェントの担当者に相談することで解決できます。

「誰かに相談できる」という選択肢があるだけでメンタル的に安心です。これだけでも転職エージェントを使う価値はあります。

応募書類の添削や面接対策などの実践的なアドバイスがもらえる

転職エージェントでは履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削や面接対策を行っています。

自己流で書類作成をしていると、どうしても書き方や表現方法で悩んでしまいます。多数の応募書類を取り扱ってきた「プロの目」で見てもらうことで応募の書類をさらにワンランク上にブラッシュアップが可能です。

さらに面接対策では本番同様の模擬面接を行い、具体的で実践的なフィードバックがもらえます。面接対策本を読むよりも模擬面接を何度か行う方が明らかに効果が出るので必ず受けたほうがよいです。

私が実際に転職エージェントの模擬面接を受けた際は下記のアドバイスをもらいました。まさに実践的で的確なフィードバックではないでしょうか。

  • 『もっと過去の経歴と自己PRを結び付けた方が良いです』
  • 『具体的なエピソードをもう1~2つ用意しましょう」
  • 「少し受け答えする際に目が泳ぎ気味なので、面接官のおでこ辺りを見るクセをつけると、目線が定まって印象が良いです」
  • 「面接は慣れです。とにかく回数をこなせば自然とスムーズに受け答えができます」

多くの転職エージェントでは無料で受けられます。ぜひ転職エージェントに登録して応募書類の添削や面接対策サービスを使うことをおすすめします。

非公開求人・独自求人の紹介がある

非公開求人は転職エージェントのみが持っている求人案件で、転職エージェントの担当者から実際に紹介されて初めて見ることができます。

マイナビ転職やリクナビ転職などの一般的な転職サイトには公開されていないため、そもそも直接応募自体ができません。

一般的に非公開求人・独自求人は求人倍率が低く書類審査が通りやすいです。そして公開されている案件に比べて給与面が良いといったメリットもあります。

また非公開求人は企業側としても「急ぎで人員を確保したい」といった事情があることが多いです。

公開求人で多くの応募者の中から選ぶよりも、信頼している転職エージェントから「すでにある程度条件が合った人材」の紹介を受ける方がコスト的にも時間的に手早く進めることができます。

すべての非公開求人が同様の条件ではありませんが、インフラエンジニアへの転職を早期に考えている場合は、転職エージェントが持つ非公開求人に応募していくのが手っ取り早い近道でもあります。

年収交渉の代行もしてくれる

多くの転職エージェントでは年収交渉(給与交渉)の代行をしてくれます。直接応募ではなかなか行いにくい年収交渉を変わりにやってくれるため非常に便利なサービスです。

年収交渉を行うタイミングはおおよそ内定が出る前です。転職エージェントの担当者と転職先の担当者間での交渉になるため、面接など自分自身がその場にいる状態で交渉することほぼありません。

私が転職した際の過去の事例では、380万→400万に給与アップでした。

転職活動の終盤に転職エージェントの担当者から「ほぼ内定」だと電話連絡があり、その際に『今が年収交渉ができる最後のタイミングですが、交渉されますか?』と確認がありました。交渉してほしい旨を伝えると約1時間後には交渉OKでしたと連絡をいただくことができました。

転職エージェントの担当者と「具体的な希望年収」などの情報を相談しておくことでスムーズに交渉ができます。年収交渉を上手く進めるためにも事前に担当者と相談は行っておきましょう。

入社したあとでは昇進・昇給以外で年収を上げることは難しいです。入社前の最後のワンプッシュとして転職エージェントを通じての年収交渉は必ず行うことをおすすめします。

転職エージェントは無料で利用できる

これだけメリットがある転職エージェントですが、無料で利用可能です。

転職エージェントと企業間ではもちろん紹介料は発生していますが、転職を希望する利用者は無料です。

基本的には転職エージェントを利用することにデメリットはなく、メリットしかありません。安心して転職エージェントを利用してインフラエンジニア転職を進めましょう。

転職サイトから直接応募のみで転職活動をしている方は、ぜひ転職エージェントも選択肢の1つとして使ってみてください。

まとめ

本記事では、「転職エージェントと直接応募のどちらが転職しやすいのか」について解説しました。

記事の要点をまとめると次の3点です。

  • 転職エージェントを使う方が非公開求人や独自求人にもアプローチできるため転職しやすい
  • 応募書類の添削や面接対策、年収代行など様々なサービスが使える
  • 転職エージェントは無料で利用可能

転職エージェントのメリットやサービスを知った後は、実際に転職エージェントの登録をしましょう。

無料ですので複数の転職エージェントに登録することがおすすめです。

-転職対策・ノウハウ
-, ,