【2022年度最新】未経験者向けインフラエンジニア転職におすすめ転職サイト比較まとめランキング

  1. HOME >

【2022年度最新】未経験者向けインフラエンジニア転職におすすめ転職サイト比較まとめランキング

 

未経験からのインフラエンジニア転職におすすめの転職サイト
転職を考えるあなた

「未経験からインフラエンジニア転職に就きたい

「転職サイトが多すぎてどの転職サイトを使えば分からない!」

「とりあえずインフラエンジニア転職向けのおすすめ転職サイトが知りたい!」

この記事はこんな悩みを持つ方に向けて、現役エンジニアであるYUTOが「未経験からインフラエンジニア転職をするのにおすすめの転職サイト」を紹介します。

異業種からインフラエンジニア転職を考えている方や、未経験からインフラエンジニアへチャレンジしたい方はぜひ参考にしてください。

第1位「リクナビNEXT」

YUTOが見るおすすめポイント!

  • 求人案件数がとにかく豊富!限定公開求人や非公開求人も多数
  • 企業から届くオファーが多い!自分が見てなかった意外な企業から届くこともあり
  • グッドポイント診断が使える!自分の強みが無料で診断可能!

リクナビNEXTで無料登録

リクナビNEXTは超有名な業界大手のリクルートが運営している転職サイトです。

リクナビNEXTはとにかく「求人案件が豊富」です。一般的な求人はもちろん、インフラエンジニア求人も数多く取り扱っています。直近では今週の新着・更新求人は3434件(2021年12月15日調べ)もあり求人数の多さを物語っています。毎週水曜・金曜に更新されるため常に最新の求人案件を見つけられるのもリクナビNEXTの強みです。

またAI技術を使った仕組みも使われているため、リクナビNEXTでの「求人検索」「企業への気になる」などの行動から『自分にあった求人案件が表示される』ため非常に探しやすいのもポイントです。

そしてインフラエンジニア転職を希望する方は「働き方」を重視される方も多いと思います。

リクナビNEXTでは「フレックス勤務OK」「年間休日120日以上」といった検索項目があり、まさに理想の働き方ができる求人案件が探せる機能が備わっています。求人特集から「Web面接」「在宅勤務制度」に特化した検索も可能です。

企業からのオファーも単なる定型文ではなく、担当者が自分の履歴書・職務経歴書をしっかりと見てから届くオファーが多いのも印象的です。単なる条件マッチによる自動送信よりもより自分にマッチした求人案件オファーが届きます。

さらに特筆したいのは「グッドポイント診断」が無料で使えるところです。

グッドポイント診断はリクルートの独自ノウハウを生かして作られた無料の本格診断サービスです。30分ほどの診断に答えることで自分自身の強みが分析可能で、診断結果を企業研究・自己分析・面接対策に生かすことができます。

「自分の強みが分からない」「自己アピールできる部分が分からない」「面接での強みを伝えるネタ元が浮かばない」こんな方はぜひリクナビNEXTのグッドポイント診断を使うことをおすすめします!

YUTOの一言

とりあえず転職活動を始めたいけど、どこから登録したらいいか分からない人はまずはリクナビNEXTから無料登録して求人を探すことから始めましょう。転職ノウハウページも豊富で履歴書・職務経歴書の自動作成ツールなど使えるコンテンツもたくさんあります。

リクナビNEXTで無料登録

第2位「doda」

YUTOが見るおすすめポイント!

  • 非公開求人も含んで最大級の求人数!
  • 「転職サイト」+「転職エージェント」2つの機能を同時に利用可能
  • 転職タイプ診断・キャリアタイプ診断・年収査定など様々な診断が可能!

dodaで無料登録

dodaはテレビやネットでもおなじみの大手総合転職サイトです。

dodaもリクナビNEXTに劣らないぐらい多数の求人案件を持っています。公式サイト調べでは非公開求人を含んで149,406件(2021年12月16日調べ)も求人数があります。また毎週月曜・木曜に新着求人が更新されます。

Stepで分かる転職ノウハウも実際の転職活動に役立ちます。転職の準備、履歴書・職務経歴書の作成、応募・面接、内定・入社とそれぞれのStepに合わせたノウハウガイドは一度は目を通しておくとよいでしょう。

他の転職サイトとの大きな違いがdodaに登録するだけで「転職サイト機能」と「転職エージェント機能」のどちらも利用可能な点です。

つまり自分自身で求人案件を検索して応募を進めながら、同時に担当のキャリアドバイザーに履歴書・職務経歴書の添削や面接対策のサポートを受けることができます。まさに転職サイトと転職エージェントの良いとこ取りをできるのがdodaです。

また診断機能が充実しているのも大きな特徴です。

適職探しのヒントになる「転職タイプ診断」強み・弱みや能力、働き方が診断可能な「キャリアタイプ診断」転職者ビッグデータから機械学習で算出する「年収査定」などがあるため自己分析に活用可能です。

YUTOの一言

実際にエージェント機能を利用したことがありますが未経験向けのインフラエンジニア案件をたくさん持っている印象でした。担当キャリアアドバイザーから過去事例や最新情報も聞けるので自分ひとりだけで転職活動を進めるのが不安な方にも向いているでしょう。

dodaで無料登録

第3位「ミイダス」

YUTOが見るおすすめポイント!

  • 職歴、経験、スキルを登録するだけで市場価値を診断!
  • 面接確約オファーが非常に多い!
  • 有料配信「日経バリューサーチ」の業界レポートが無料で閲覧可能

ミイダスで無料登録

ミイダスは人材会社パーソル系列の転職サイトです。

最も特徴的な機能は自分の市場価値を自動的に分析して数値に表してくれる点です。経歴や職歴、スキル情報を登録するだけでミイダスが持つ転職データから企業から利用者へのオファー実績から市場価値を算出してくれます。

また企業側の選考条件と合致した「企業数」も表示されるため、自分のスキルならどれぐらいの企業に通じるのだろう?という目安にできます。自分の市場価値を知ることで応募する求人とのレベル差やギャップを埋めることが可能です。

そして企業側からのアプローチが多いのもミイダスの特徴です。実際に使ってみると書類選考がすでに合格済みの「面接確約オファー」が頻繁に届くため転職活動をスピーディに行うことができます。

さらに他にはない機能として本来は日経で有料配信されている「日経バリューサーチ」が無料で読むことができます。日経で取材された業界の最新情報や企業情報は、業界研究や面接対策に役立つため非常に転職に役立つ機能と言えるでしょう。

YUTOの一言

1ヶ月以上の長期契約、1ヶ月未満の短期契約、完全歩合制といった業務委託案件も探すことができます。フリーランスや隙間時間で副業をしたい方にも向いています。

ミイダスで無料登録

未経験向けインフラエンジニア転職におすすめ転職サイト比較まとめ

本記事では、未経験向けインフラエンジニア転職におすすめの転職サイトを紹介しました。

初めての方でランキングを読んでみて、それでもまだどこの転職サイトに登録したらよいか悩んでいる場合は、まずはリクナビNEXTに登録しておけば間違いはないと思います。

案件数も多いですし、転職活動に役立つコラムや特集記事も多く配信されているので必ず役に立つはずです。

これは私の考え方ですが、複数の転職サイトに登録するのはある程度慣れてきてからでも問題はありません。まずは1つ自分の中で、このサイトは使いやすい!自分に合っている!という転職サイトを見つけてください。

ぜひ紹介した転職サイトを上手く活用して転職活動を上手に進めてみてください。