基礎知識

インフラエンジニアってなに?仕事内容を分かりやすく紹介!

  1. HOME >
  2. 基礎知識 >

インフラエンジニアってなに?仕事内容を分かりやすく紹介!

この記事では「インフラエンジニアが何か分からない」「仕事内容はどんなことをするの?」「インフラエンジニアは将来性はあるの?」といったあなたの悩みを、現役のインフラエンジニアが回答して解決します。

本記事を読んでインフラエンジニアのことや仕事内容を理解して、インフラエンジニア転職に向けた最初の一歩を踏み出しましょう!

インフラエンジニアってなに?

インフラエンジニアってなに?

インフラエンジニアとはITシステムを構築する「サーバー・ネットワーク」を担当するエンジニアのことです。ITシステムやサービスを安定して動作させるためにインフラエンジニアは日々監視や運用をしています。

またエンジニアにも役割や仕事内容によってはいくつかの種類に分かれます。

エンジニアには種類がある

サーバーエンジニア・ネットワークエンジニア

サーバーを動かすための「アプリケーション」を構築するサーバーエンジニア。サーバー同士をつなぐための「ネットワーク」を構築するためのネットワークエンジニアと呼びます。

これまでは業務内容や責任分担の観点から明確に呼び分けていました。しかし最近では小規模なプロジェクトだと、両方の業務を兼ねることが多くなり、いつの間にか総称してインフラエンジニアと呼ばれることが多くなりました。

もし案件募集でインフラエンジニアと記載されていたらどちらも担当すると考えておくとよいでしょう。

システムエンジニア(SE)

システムエンジニア(SE)はさらに広い範囲でのITサービスに携わるエンジニアのことを指します。

担当業務は多岐にわたり、顧客要望のシステムの要件定義・設計・開発やテスト、顧客折衝やマネージメントなど幅広く対応します。インフラエンジニアが現場寄りであれば、システムエンジニアとはどちらかというと顧客寄りとも言えるでしょう。

インフラエンジニアの仕事内容は?

インフラエンジニアの仕事内容は大きく下記の3つに分かれます。

インフラエンジニアの仕事内容

  • 設計
  • 構築
  • 運用保守・監視

基本的にサービス・システムを作成する際は、設計→構築→運用保守の順番に行われます。これが上から下に行程が流れることから上流工程、下流工程と言われる理由です。

サービス・システムを実現するためにまずはお客様と要件定義を作成します。要件定義の中で稼働するためのシステムに必要な機能やコスト予算に応じた設計を検討します。検討内容がある程度形になると次は設計書に落とし込みます。

完成した設計書に基づいてハードウェア機器やミドルウェアなどを準備します。ハードウェアの設置・接続が完了したら必要なミドルウェアやソフトウェアのインストール・設定も合わせて実施します。最近ではクラウドサービスを利用することでハードウェアを用意することなくブラウザやエディター上で全て構築できることも珍しくありません。

こうして準備が完了して構築がすべて終わるとようやくサービスは開始します。一度サービス動きだすと運用が終わるまで動かし続ける必要があります。24時間365日動作させるためには、日々のサービス監視や突発的なトラブルへの迅速な対応といった運用保守業務は必要不可欠です。

必要なスキルや経験は各業務によって異なりますが、一般的には上流工程に近いほど責任や求められるスキル難易度が上がるため給料も比例して上がっていきます。未経験でインフラエンジニア転職をする場合、運用保守として現場に入ってまずは必要なスキルを身に着けるところから始めるのがよいでしょう。

インフラエンジニアの将来性・需要はあるの?

率直に結論から言ってしまうとインフラエンジニアの業務や仕事がなくなることはありません。

どのサービスにもシステム基盤としてのインフラが必要になるため、サービスが始まるところにインフラ業務はほぼ必ず付いてきます。将来性は問題ないと言えます。

またインフラエンジニアはプログラマーよりも希望者が少ないことも大きな特徴の1つです。

都会の一等地に構えた綺麗でおしゃれなオフィスに勤めるプログラマーはたしかに魅力的ですが、それ相応に希望者が多いため倍率は高まっています。特に最近ではプログラミングスクールが台頭してきたこともあり、需要よりも供給が多いのがプログラマーです。

それに対してインフラエンジニアはプログラマーに比べると地味ではありますが、縁の下の力持ちという意味では必要不可欠な存在です。希望者が少なく人手不足にも関わらず、サービスは日々変わらず増え続けているため高い需要が見込まれます。

インフラエンジニアに転職する方法は?

インフラエンジニアに転職する方法は?

インフラエンジニアへの転職方法は主に3つです。

  • 転職サイトに登録して自分で案件を見つけて転職
  • インフラエンジニア向けのスクールでスキルを身に着けながら転職
  • 転職エージェントを活用して求人応募をして転職

転職サイトを使って転職

リクナビNEXTやGreenといった転職サイトに応募して自分で案件を探して応募する最も基本的な転職方法です。自分のペースで案件情報を収集しながら気になる案件が見つかったら応募ができるため、「転職はしたいけどまだそこまで急いでない」「まずは業界研究含めて情報収集をしたい」と考える方におすすめです。

総合的に多彩な案件を持っている転職サイトやIT・WEB業界に特化した転職サイトなど様々ですので、まずは気になった転職サイトから登録することから始めましょう。

インフラエンジニア向けスクールから転職

時間やお金に余裕がある場合はインフラエンジニア向けスクールを利用する選択肢もあります。学習期間はおおむね1ヶ月~2ヶ月ほどでCCNAやLinucといった資格習得を目指し、最終的に就職を目標にすることが多いです。有料・無料、通学タイプ・オンラインタイプなどスクールによって様々なため自分にあったスクールを選ぶとよいでしょう。

スクールに通って転職を目指す場合は「目的」を明確に定めることが大切です。自分が何を目指してスクールに通うのか考えながら、自ら積極的に学習することが転職への近道です。

転職エージェントを使って転職

未経験からインフラエンジニア転職するには転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントは無料で転職相談や希望の求人紹介を受けられるサービスです。希望者には応募書類の添削、面接対策、さらには年収交渉も代行も行ってくれます。

さらに転職エージェントは非公開案件やエージェント独自の案件を持っています。スキルがマッチすると他よりも良い条件で独自求人を紹介してもらえる可能性があるため、選択肢を広げるためにできるだけ登録しておくと良いでしょう。転職エージェントは無料で利用できるため気軽に登録しましょう。

まとめ

本記事では、インフラエンジニアの仕事内容や将来性、仕事内容、転職方法について解説しました。

記事の要点をまとめると次の3点です。

  • インフラエンジニアとはITシステムを構築する「サーバー・ネットワーク」を担当するエンジニアのこと
  • ITサービスの土台部分を担うため今後も高い需要が見込まれる
  • 転職サイトやスクールを利用するほかにも転職エージェントを使って転職する方法がある

「インフラエンジニアについてはだいたい分かったけど、次はどうしたらいいんだろう?」と思った方はまずは「転職エージェント」への登録から始めてみましょう。

-基礎知識
-, , ,