基礎知識

インフラエンジニアの年収は?求められるスキルやキャリアパスを解説!

  1. HOME >
  2. 基礎知識 >

インフラエンジニアの年収は?求められるスキルやキャリアパスを解説!

この記事では「インフラエンジニアの年収ってどれぐらいなの?」「どういったスキルが必要?」「どんなキャリアパスがあるの?」といったあなたの悩みを、現役のインフラエンジニアが回答して解決します。

本記事を読んでインフラエンジニアの年収や必要なスキル、キャリアパスを理解して、インフラエンジニア転職に向けて一歩を踏み出しましょう!

インフラエンジニアの年収はどれぐらい?

インフラエンジニアの年収はどれぐらい?

厚生労働省が公表している2019年度「賃金構造基本統計調査 」によるとシステム・エンジニア系では月給が約35.7万ですので、ボーナスを考慮したうえで年収ベースに直すと約550万ほどになるため年収は比較的高水準と言えるでしょう。

もちろん専門スキル・資格を持っていればさらに年収を上げることも可能です。また地域や企業規模によっても左右されます。

地域では東京が圧倒的に年収が高く、続いて大阪や名古屋、地方都市の順番で年収は落ちる傾向が顕著に表れます。

1000人以上の大手企業と中小企業とでは平均年収が100万円変わることもざらにあります。特に大手企業では年収に加えて、福利厚生も非常に充実しているためメリットは大きいです。

年収は担当業務によって大きく異なる

インフラエンジニアの仕事内容は大きく下記3つに分かれます。設計・構築といった上流工程に近いほど年収は高くなります。

インフラエンジニアの担当業務とおおよその参考年収

  • 設計(600~800万)
  • 構築(400~600万)
  • 運用保守・監視(300~400万)

求められるスキルは担当業務によって異なります。特に設計はサービス運用の一番最初にあたり高いスキルを求められます。

インフラエンジニアは幅広いスキルが求められる

インフラエンジニア設計業務

基本的にはシステム全体の「設計」の仕事が最も年収は高くなります。お客様が要望するシステムの要件定義を作成して、要件定義の中で稼働するシステムを設計書という形に落とし込むには高度なスキルが要求されるからです。

設計業務に求められるスキル

  • お客様が本当に要望している・実現したいことを引き出すための交渉力・コミュニケーションスキル
  • サービス実現・問題解決を行うための構成を考えるためのインフラ知識
  • プロジェクト期間内に終わらせるための現場チームとの調整力
  • 分かりやすく伝わりやすい設計書作成を行うドキュメント作成力

インフラエンジニア構築業務

「構築」は設計書を元にサービス土台を作るインフラエンジニアのメインとなる部分です。基本的にはネットワーク機器やサーバー機器を運搬取り付けをしたり、ソフトウェアのインストール設定といった手を動かすフェイズです。

しかし状況によってはお客様と再度交渉したりコミュニケーション能力が求められることもあります。

構築業務に求められるスキル

  • ソフトウェアやネットワーク機器を使用するための知識
  • 予定期間で業務を完遂するためのスケジュール管理力
  • チーム単位で構築する際のチームワーク
  • 日々変わる状況をお客様とやり取りをするコミュニケーション能力

インフラエンジニア運用保守・監視

最後の「運用保守・監視」はサービス運用にあたり実は一番大事なところです。

サービス開始後は24時間365日稼働することが求められるため、システムが安全に動くように監視・メンテナンスをして問題が発生した際に速やかに原因を突き止めて対処する必要があります。

運用保守・監視業務に求められるスキル

  • 担当業務に関するITスキル・知識経験
  • 分かりやすい報告、適切な連絡、読みやすいドキュメント作成力
  • 日々の運用保守・監視に耐えられる体力・自己管理

インフラエンジニアのキャリアパスは様々

インフラエンジニアのキャリアパスは様々

インフラエンジニアのキャリアパスとしては大きく3つに分かれます。主に「ITスペシャリスト」「プロジェクトマネージャー」「ITコンサルタント」のキャリアパスがあるためそれぞれ解説します。

ITスペシャリスト

ITスペシャリストとはその名の通り、技術や知識を追求したスペシャリストのことです。

一般的なエンジニアよりもワンランクもツーランクも上の技術を持つことで、他人にはできず自分にしかできない仕事ができるため非常にやりがいがあるキャリアです。

最先端技術や深い技術力が求められるポジションですが、給与もその分跳ね上がります。技術をとことん突き詰めたい人にはおすすめです。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーはプロジェクト案件そのものをより良い方向に動かしてコントロールするために全体のマネージメントをするポジションのことです。

技術的なことよりもお客様との打ち合わせや、要件定義・見積もりなど契約周り、実装機能について納期を考慮しつつエンジニアの割り当て調整といった調整業務に重きをおきます。

刻々と変わっていくプロジェクトを円滑に回すため日々調整するまとめ役とも言えるでしょう。チーム全体を動かすための旗振り役としてリーダーシップを発揮できる人におすすめです。

難しい役どころですが最も達成感を得られるポジションとも言えるでしょう。

ITコンサルタント

ITコンサルタントはプロジェクトマネージャーよりもさらに上の立ち位置から経営戦略・ビジネス・問題解決の提案をお客様に行うポジションです。

課題解決のためにヒアリングや分析をしつつお客様にとって納得のできる最高の提案をするためには、ITスペシャリスト並みの「知識・経験」、さらにはプロジェクトマネージャーレベルの「プロジェクト管理能力」と兼ね合わせたスキルが必要になるため難易度は非常に高いです。

しかしその苦労に見合う高収入も得られるポジションでもあります。さらにITコンサルタント経験があれば独立・起業も夢ではありません。

クラウドサービスの発達により多様な働き方が可能

クラウドサービスの発達により多様な働き方が可能

クラウドによるインフラ構築案件が復旧したことにより、インフラエンジニアの在宅リモート勤務・完全在宅勤務も可能となりました。

現在ではこれまでのオンプレ環境によるサーバールームや客先に赴いての現場作業ばかりではなくなってきています。

代表的なクラウドサービスであるAWS(Amazon Web Service)、GCP(Google Cloud Platform)、Azure(Microsoft Azure)の知識・理解をしておくことでリモート可能な求人への応募の可能性は広がります。

まとめ

本記事では、インフラエンジニアの年収・必要なスキル・キャリアパスについて解説しました。

記事の要点をまとめると次の3点です。

  • 年収は担当業務によって大きく異なる。設計業務ができると年収は伸びる
  • コミュニケーション力から知識、スケジュール管理に体力と、幅広いスキルが求められる
  • 技術を追い求めるポジション。お客様の問題解決をメインにこなすポジション。キャリアパスは様々。

「インフラエンジニアについてはだいたい分かったけど、次はどうしたらいいんだろう?」と思った方はまずは「転職エージェント」への登録から始めてみましょう。

-基礎知識
-, , ,